植毛でボリュームアップ

植毛は髪の薄さを解消する

男性

大阪の梅田には、髪の脱毛で悩んでいる方のために自毛植毛を行っています。この自毛植毛とは、残っている自身の頭髪を薄毛部分に移植する治療のことです。 男性の脱毛症のほとんどのケースでは、頭頂部から髪の毛が薄くなっていきます。そして、頭皮の後頭部から側頭部にかけての毛は残っていることが多いです。その理由は、後頭部などは薄毛を誘発する男性ホルモンの影響を受けにくいからです。なので、この部分の頭髪を移植することで、生涯にわたり髪の毛を生やすことができます。 自毛植毛には、患者の症状によって色々な施術方法があります。なかでも特に梅田のクリニックで人気なのが、ストリップ法といわれるものです。これは、髪の毛が残っている頭皮を縦に約1cm、長さ約10cmの横長の状態で採取します。それを、薄毛の部分に移植していきます。確実に髪の毛が生えるので、人気があります。

施術の際の注意点

大阪の梅田の頭皮クリニックでは、自毛植毛を薄毛治療として行っています。とても効果的な方法ですが、梅田のクリニックの施術後には、いくつか注意点があります。その1つは、植毛施術後は激しい運動、入浴をしないことです。というのも、激しい運動やお風呂に入ると、大量に施術を行った頭皮に汗をかくからです。そうすると、植毛した箇所の頭皮の定着率が落ちてしまいます。 その他の注意点は、施術後は頭皮の通気性を良くすることです。髪の毛が薄くて悩んでいる人の多くは、かつらを着用して隠す方が多いです。しかし、かつらは通気性が悪くなるので、施術箇所を衛生的に保てなくなります。逆に通気性を良くすると、患部をきれいに保てて術後の経過も良くなります。上記のことに気をつければ、安全に植毛が行えます。